about

『吹きガラス工房 琥珀』で生み出される作品は、全て100%廃ビンから作られています。
作品には一切の着色をせず、びんそのものを生かした自然な色合いばかり。

これは、沖縄で生まれた琉球ガラス製法の始まりでもあります。
戦後、物が無かった沖縄で、駐留米軍が残したコーラやビールの廃ビンを使って再生されたガラス。
廃ビンを利用することで不純物がまざり、気泡が生まれ、厚みのあるガラスになりました。
当時は二流品扱いされていたガラスも、多くの職人の素晴らしい技と熱い想いで、
他のガラスにはない持ち味を活かしながら、発展してきたのが今日の琉球ガラスです。
沖縄の独特な歴史的背景や、この素材、廃ビンだからこそ生まれる、どこか懐かしい温かみある作品。

いろいろなメッセージ性を兼ね揃えたガラスに日々向き合いながら、
『吹きガラス工房 琥珀』の作品は生み出されています。

時代は変わっても、「原点をそのままに・・・」

http://kohakuglass.com/